長雨の後は真夏のような暑さ!

梅雨らしい長雨の後、7月10日から真夏のような暑い日が続きました。7月12日の長沼公園は草いきれの緑の草原でした。その緑に橙色とピンク色の花がよく目立ちます。
家に帰ってインターネットの花の図鑑で調べてみました。橙色の花は「アラゲハンゴンソウ」漢字で書くと「粗毛反魂草」。北アメリカ原産の帰化植物で茎や葉に粗い毛があること、またハンゴンソウは、葉の形が人が手招きする手に見え、死者の魂を呼び戻す意味の「反魂」に重ねたことに由来する日本の花に似ていることからついたそうだ。一方、「アカツメクサ」は、原産地はヨーロッパで、日本へは牧草として明治時代の初期に渡来し、 野生化して日本各地で自生しており、デンマークでは「国花」になっている、 そうだ。どちらにしても、双方とも外来種、外来種は元気ですね。

309-1 - コピー (2)
公園の様子

309-2 - コピー 309-3 - コピー
アラゲハンゴソウ                      アカツメクサ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です