山法師(山帽子)満開

長沼公園絹ヶ丘口斜面(絹ヶ丘東緑地)に、山法師が満開の時期を迎えています。

山法師の名前は中央の丸い花穂を坊主頭に 4枚の花びらを頭巾に見立てて 比叡山延暦寺の「山法師」になぞらえています。別名 山帽子、山桑とも言われています。
秋には実がイチゴのように熟す。
ハナミズキとよく似ているが、咲く時期がハナミズキより2週間程遅く、また 花の先端が尖っていますが。ハナミズキは丸みをおびています。

山法師(1)山法師

山法師(2)
ハナミズキとは確かに違いますね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

山法師(山帽子)満開」への1件のフィードバック

  1. とてもきれいに撮れていますね。また 花の由来も調べていてとても勉強になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です