第5回通いの場・かどっこが行われました。

12月16日は、ふれあいネットワークとの共催で5回目の「通いの場・かどっこ」として「小林先生のミニ・クリスマスコンサート」が行われました。小林昌子さん(3区4班)は、「ふれあい広場・絹一」で地域の10数人の方々に歌唱指導しています。今回はコロナ禍の中でしたが、生徒さんが協力して、この場を用意していただきました。小林先生は、飯田雅昭さん(9区3班)にギターで伴奏で「初恋」と「影を慕いて」の二曲を水澤邦枝さん(8区4班)のピアノ伴奏で「雪の降る町を」と「カロミオベン」の二曲を絶唱していただきました。80歳を超える年齢とは思えないほど、艶やかな力強い歌声に皆さん聞き入っていました。
先生の独唱の後、絹一芸能祭でお馴染みにの「トリオ・ロス・ガラパゴス」によるクリスマスソングを参加の皆さんと楽しみました。


絶唱する小林先生


飯田さんのギター伴奏で歌う小林先生

水沢さんのピアノ伴奏で歌う小林先生


トリオ・ロス・ガラパゴスの5人の皆さん

noura

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です