2019年最後のポラーノはクリスマスコンサートで盛り上がりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月21日(土)午後1時から今年最後の第2ポラーノが開店しました。
この日は、絹一ではおなじみの「おはぎ」と「オチョ・ダンディーズ」のジョイント・クリスマス・コンサートが行われ、用意された72の座席は、ほぼ満席の大盛況となりました。
「おはぎ」と「オチョ・ダンディーズ」は、絹一ではよく知られたグループで、「おはぎ」は男性2人と女性2人の若者グループ、一方、「オチョ・ダンディーズ」は男性8人のちょっとお年を召した方中心のグループです。このコンサートでは、「おはぎ」が「オブラディ・オブラダ」や「上を向いて歩こう」などの他、2曲のオリジナル曲を「オチョ・ダンディーズ」は「ソーラン節」、「見上げてごらん夜の星を」や持ち歌である「365日の紙飛行機」などを熱唱しました。最後は、会場の皆さんも一緒に「ジングルベル」を歌い大盛り上がりとなり、2019年最後を飾るにふさわしい楽しい1時間30分でした。
今年最後のポラーノを終えることができましたが、イベントに参加していただいた方々、そして、準備や片づけをして頂いたスタッフの皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


クリスマス・リースがお客様をお迎え


受付はたくさんのお客さんで混雑しました。


「おはぎ」の4人のメンバーを紹介


「オチョ・ダンディーズ」の8人のメンバーを紹介


演奏する「おはぎ」のみなさん


熱唱する「オチョ・ダンディーズ」と会場の様子


歌に合わせて会場の皆さんも手拍子で応援


子どもさんも飛び入り参加して全員でクリスマスキャロルを歌いました。


この日出されたお菓子


コンサートのパンフレット

noura

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください