ポラーノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポラーノの紹介 ポラーノのスタッフ                         ポラーノの様子(懐かしの歌声喫茶に)                       第1会場の「ふれあい広場・絹一」  

ポラーノニュース

新年最初のポラーノが開店しました。

今年最初のポラーノが1月18日(土)、午後1時に開店しました。この日は、生憎の雪となりましたが、20人近い方がお見えになり、絹一のマジシャン鈴木さんのマジックやカラオケを楽しみました。また、お正月恒例のポラーノ特製お汁粉が提供されました。
今年も皆さんに親しまれるポラーノとしていろいろな企画を用意していきたいと考えています。第1土曜日の第1ポラーノ(会場、絹一ふれあい広場)、第3土曜日開催の第2ポラーノ(会場、自治会館)共々、ご来店をお待ちしております。

 

令和2年1月のポラーノの開店予定です。

令和2年となりました。今年も第1ポラーノ、第2ポラーノともども、よろしくお願いいたします。
1月の開店の予定は、第1土曜日開店の第1ポラーノ(絹一ふれあい広場)は、お休みさせていただきました。
第2ポラーノ(自治会館)は1月18日(土)開店いたします。
第2ポラーノでは、新年恒例のお汁粉を用意して皆さんをお待ちしています。また、絹一のマジシャン鈴木さんの手品やカラオケ歌い初めを予定しています。防寒対策して自治会館までおいでください。車による送迎もしていますのでご利用ください。

noura

2019年最後のポラーノはクリスマスコンサートで盛り上がりました。

12月21日(土)午後1時から今年最後の第2ポラーノが開店しました。
この日は、絹一ではおなじみの「おはぎ」と「オチョ・ダンディーズ」のジョイント・クリスマス・コンサートが行われ、用意された72の座席は、ほぼ満席の大盛況となりました。
「おはぎ」と「オチョ・ダンディーズ」は、絹一ではよく知られたグループで、「おはぎ」は男性2人と女性2人の若者グループ、一方、「オチョ・ダンディーズ」は男性8人のちょっとお年を召した方中心のグループです。このコンサートでは、「おはぎ」が「オブラディ・オブラダ」や「上を向いて歩こう」などの他、2曲のオリジナル曲を「オチョ・ダンディーズ」は「ソーラン節」、「見上げてごらん夜の星を」や持ち歌である「365日の紙飛行機」などを熱唱しました。最後は、会場の皆さんも一緒に「ジングルベル」を歌い大盛り上がりとなり、2019年最後を飾るにふさわしい楽しい1時間30分でした。
今年最後のポラーノを終えることができましたが、イベントに参加していただいた方々、そして、準備や片づけをして頂いたスタッフの皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


クリスマス・リースがお客様をお迎え


受付はたくさんのお客さんで混雑しました。


「おはぎ」の4人のメンバーを紹介


「オチョ・ダンディーズ」の8人のメンバーを紹介


演奏する「おはぎ」のみなさん


熱唱する「オチョ・ダンディーズ」と会場の様子


歌に合わせて会場の皆さんも手拍子で応援


子どもさんも飛び入り参加して全員でクリスマスキャロルを歌いました。


この日出されたお菓子


コンサートのパンフレット

noura

 

「かどっこ」でグラビコードのコンサートが行われました。

11月4日、自主サロンの「かどっこ」で隣り町に住むグラビコードの製作者であり奏者でもある山野辺さんと留学先のドイツから帰国されたグラビコード奏者の荒川さんをお招きして、グラビコードのミニコンサートが行われました。

山野辺さんによる絹一でのグラビコードの演奏会は今回で3回目となりますが、会場の皆さんは荒川さんが奏でる上品で繊細なグラビコードの音色に引き込まれ聞き入りました。
なお、グラビコードとは、弦をタンジェントと呼ばれる金具で突き上げることで発音する鍵盤楽器で、14世紀頃に発明され、16世紀から18世紀にかけて広く使用されました。特に持ち運びが容易で、移動時に使われたり、練習用の楽器として重宝されたそうです。また、「かどっこ」は、絹一ふれあい広場で毎週水曜日に行われている自主サロンの名称です。


挨拶する山野辺さん(右)と荒川さん


山野辺さん製作のグラビコードを演奏する荒川さん


演奏を聴く来客された皆さん

12月の第2ポラーノはクリスマスミニコンサートです。

12月のポラーノの開店の予定は次の通りです。
第1ポラーノは、12月7日(土)午後1時から開店です。
第2ポラーノは、12月21日(土)午後1時から開店です。
なお、第2ポラーノではクリスマスミニコンサートを予定しております。今年最後のポラーノにご来店ください。スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしています。

noura

› 続きを読む