ふれあいネットワーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふれあいネットワークニュース

ボランティア懇談会と落語教室

9月28日にボランティア懇談会を開催しました。ボランティア懇談会は、年に1回、現在45人いるボランティアの方と実行委員会とが一堂に集まって情報・意見の交換をするなどし相互の連携を図るため行っています。今年は、楽しい懇談会にしようという事で中央大学の落語研究会の学生さんを3人お呼びし「懇談会&落語会」として行いました。
落語のレベルも高く、楽しめましたし、懇談会には3人の学生さんにも加わって頂き、例年とは違った話し合いができました。来年も思考を凝らした懇談会を開催したいと思います。


入り口の看板


集まって頂いたボランティアの皆さん


落研の3人の学生さん


学生さんを交えての懇談会の様子

kase

 

 

 

9月24日(火)「レンタカーによる身近なお買い物」が行われます。

「足腰が弱って買い物に行くのが大変」、「大きい物、重たい物を買うのことができない」という方、自治会の絹一ふれあいネットワークが行う「レンタカーによる身近なお買い物」をご利用ください。あなたのお宅まで車でお迎え、ショッピングした後、ご自宅までお送りいたします。また、サポーターがつきますので安心です。お申し込みは、事務所へ電話かファックス(636-5263)または、コーディネーターまで、お気軽にどうぞ。

ケアマネ研修会でふれあいネットワークの活動を紹介!

6月14日(金)、北野市民センター会議室行われたケアマネージャーの研修会で、ふれあいネットワークの活動の報告を行いました。この企画は、地域で生活支援の活動を行っている団体を知ってもらい、ケアマネージャーの行う、介護のプログラムに生かしてもらおうというものです。
ふれあいネットワークからはコーディネーターの中島さんが活動報告を行い、ケアマネさんと意見交換をしました。地域の生活支援は、きめの細かい活動が求められます。これからは、私たちもケアマネージャーや介護サービス事業者との連携も課題となります。


活動の報告をする中島さん


会場の様子

「レンタカーによる身近なお買い物」を利用してみませんか。

絹一ふれあいネットワークでは、2年前から「レンタカーによる身近なお買い物(買い物ツアー)」を行っています。足腰が弱って一人では買い物に行けない。また、大きい物、重い物の買い物ができない。でも、お店で手に取って買い物がしたといわれる方、ぜひ、「買い物ツアー」を利用してみてください。お待ちしております。
6月は18日(火)に実施いたします。自治会事務所かコーディネーターにご相談ください。

noura

介護用品について学びました。

ふれあいネットワークが主催して毎年1回行われている講習会・講演会が4月13日(土)に行われました。今回のテーマは、「介護用品」についてで、高齢者あんしん相談センター長沼の今里センター長や(株)柴橋商会の佐藤店長ら介護のプロが、介護用品を会場に持ち込んで、その紹介や正しい使い方を説明しました。30人ほどの参加者は、製品に直接触れ実体験するとともに疑問点については質問しながら知識を高めました。


講習会のテーマ「介護用品を知って上手に使おう!」


挨拶するふれあいネットワーク実行委員長の吉田さん


挨拶・講演する今里センター長


介護用品について講演する介護福祉士の佐藤店長


介護用ベッドについて説明する的場さん


車椅子について説明を聞く参加者


浴槽に付けられる入浴グリップ


ベッドにつけるサイドレール


家具調トイレと汚水受け(バケツ)


工事不要の手すり


参加者の愛車、セニアカー


とろみ調整食品など介護用食品の展示


介護用品を前に、説明を聞く参加者

 

› 続きを読む