新春餅つき大会・書道教室が行われました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新春・餅つき大会が1月5日(土)10時から行われました。
前日から準備したもち米を蒸しあげた後、臼に移しよくこね、杵でつきます。つきたての餅をちぎってから黄な粉餅や餡子餅にして供されます。今年もたくさんの参加者がつきたての餅を美味しくいただきました。
早くから準備し、楽しい餅つき大会に盛り上げていただいた世話役の皆さん、ありがとうございました。


餅はコネが大切です。


高校生が力強く杵を振るいます。


ちぎった餅を黄な粉餅と餡子餅に仕上げます。


皆さん揃って美味しくいただきました。

この日は、11時から書初め教室が行われました。
昨年は4人と寂しい参加人数でしたが、今年は3年生から6年生まで、8人の小学生が参加しました。今年も梶井先生、小林先生、飛渡先生の3人の先生が丁寧にやさしく指導していただきました。約2時間かけて、各学年の課題を練習、そして清書して提出された作品が写真の通りです。なかなかの作品となりました。
皆さんお疲れ様。先生方、ありがとうございました。


3人の先生に丁寧に指導していただきました。




皆さん、一所懸命、挑みます。


仕上がった8人の力作です。

noura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください